記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WindowsでFTP

とある仕事場の風景。

Mさん:『ドライバをFTPでダウンロードして』
新人:「FTPってどうやってやるんですか?」
Mさん:『…』

最近の新人はFTPも知らないのか。
Vectorや窓の杜からFTPクライアントをダウンロードして…
そこから説明しないといけないのか。それも面倒だな。

1個や2個のダウンロードくらい
男は黙って
『コマンドライン』

WindowsはFTPクライアントをインストールしなくても
FTPは使えます。
その方法は以下。

1.コマンドプロンプトを起動します。
 ファイル名を指定して実行→cmd

cmd.jpg

2.FTPサーバと接続します。
コマンド>ftp <サーバのIPアドレス>

3.IDとパスワードを入力します。
公にサーバを公開している場合は
ID:anonymous
passwd:なし

で接続できます。

4.欲しいファイルがある場所まで"cd"コマンドで移動します。

5.欲しいファイルがあったら次のコマンドでダウンロードします。
コマンド>get <ダウンロードしたいファイル名>

ファイルをアップロードする場合はgetのかわりにputを使います。

6.接続を終了します
コマンド>quit

これでOK。FTPクライアントをインストールしなくてもダウンロードできます。

新人:「できました。でもこのファイルどうやって開くんですか?」
Mさん:『(次はZIPファイルの解凍か)』

新人との戦いは続く。

ぽちっとな↓


コメント

No title

う~ん 新人以下の私・・・・v-411

使えなくても大丈夫

のっこさん
こんにちわ。普通の人はコマンドラインでFTPなんてできなくてもOKです(笑)。
ただ、本職がSEやプログラマーなどの人は
できないと恥ずかしいです。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

なぜ勝った? 世界No.1シェアをつかんだ“Windows”

現在、PC といったら、ほとんどの人が Windows を搭載した PC をイメージするだろう。最近再び人気が上がってきている Mac ユーザーや Linux ユーザーの人には異論もあるだろうが、市場のシェアからみれば、PC=Windows という図式ができあがっているのが現在の状況だ。 W...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。