記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linux iometerの使い方

ハードディスクやSSDの性能測定をするのに
いろいろベンチマークツールがあります。

なかでもiometerはもともとIntelが作って
後にオープンソースになっていろいろな
プラットフォームで使えるようになりました。

Linuxでも使えるということでダウンロードして
使えるということなのですが
『使い方が載っていない』

試行錯誤したり、いろいろやって
動くようになったのでメモを残しておきます。

Iometerの使い方

【Windows版】
SourceForgeより以下をダウンロード

64bit版
iometer-2008-06-22-rc2.win.x86_64.zip

ZIPを展開するとsrcフォルダの中のIometer.exe
を起動すればよい。

『ちょっと、知りたいのはLinux版なんだけど?』

まぁまぁ、あわてない。

【Linux版】
SourceForgeより以下をダウンロード
iometer-2008-06-22-rc2.linux.x86_64bin.tgz

測定を行うマシンに展開する。
# tar zxvf iometer-2008-06-22-rc2.linux.x86_64bin

dynamoのモードを変更する
# cd iometer-2008-06-22-rc2.linux.x86_64bin/src
# chmod 755 dynamo

dynamoを起動する
# ./dynamo -i WindowsマシンのIPアドレス -m LinuxマシンのIPアドレス

dynamoを動かした後にWindowsマシンでiometerを起動すると
あーら、ビックリ。
Linuxマシンが見えるではないですか。

Linux側ではdynamo
Windows側ではiometer.exeを
動かすんですね。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。