記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奪われたジェームス

その事件は居間で起こりました。

お家に帰ってきて、はるな専用の
ジェームスを開封したところ

『むーちゃん、ジェームス欲しい!』

コラコラ、むねぴーにはサンダーバードを
買ってあげたじゃないか。

買い物をするときには
『これは、はーちゃんの』
と自分でも納得して言っていたのに…。

そして、むねぴー号泣
((○(´Д`)○))ヤダヤダ

おまえのものはオレのもの
おまえのものもオレのもの

ジャイアン主義は許しませんよ。

でも、わんわん泣いて、まともに話ができません。

そして、落ち着いたところが
『ベンあげるから、ジェームス頂戴』
(; ゚ ロ゚)ナニ
ベンはいらないのか?

ここでダメというと上の号泣からえんえん
繰り返しになってしまう。

幸い、はるなはまだ、機関車を認識していないので
なんでもよいらしい。

そして、ここに一方的なトレードが成立してしまった。
ジェームス→むねぴー
ベン→はるな


やっぱり、同じものを二つ買わないとダメですかね。

コメント

No title

18歳になる息子も「機関車トーマス」大好きでした。
むねぴーちゃんを見ていると、
小さかった頃を懐かしく想い出します。

全部覚えた機関車の名前も
今ではすっかり忘れちゃったみたいですけどね・・・

おもちゃは大切にしまってありますよ (^^)





コメントありがとうございます

トーマスって結構前からあるのですね。
わたしは息子ができてからトーマスを知りました。
トーマスの機関車の番号は数字を覚えさせる
のに重宝しています。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。