記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パパのホンヤクコンニャク

ママ『ごはん食べなさい、食べないとおもちゃ捨てるよ』
むねぴー『いやー』

子供のいる家庭ではよくある光景である。
おもちゃに夢中になって、朝ごはんを食べない子供。
それを叱るお母さん。

でもママ、それじゃあダメだよ。
何がダメか?
子供は命令してもダメだ。子供になにかをさせる場合は誘導しないと。
というのが私の持論である。

ママのやり方は北斗の券のラオウ(拳王)の覇道と同じで
力で相手を従わせようとする。

具体的に解説すると
『ごはん食べなさい、食べないとおもちゃ捨てるよ』は
1)ごはんを食べる
2)おもちゃを手放す

という子供にとってはどちらも嫌な二者択一を迫っている。
簡単に言うと、アメとムチで言った場合にムチしかない。
子供にはアメも必要なのである。

『ごはん食べなさい、食べないとおもちゃ捨てるよ』
これをパパが言う場合にはこう翻訳される。

タイプA
『ごはんをおりこうさんに食べたらシールを1個あげる』

20090718_001.jpg
これはパパが用意したシールブックです。
ごちそうさまをするたびにトミカシールを1個貼ります。

タイプB
『ごはんを食べたら、じーじのお家に遊びに行こうか』


タイプC
『ごはんを食べたら(名鉄特急)ミュースカイに乗れるチケットあげる』

20090718_002.jpg
これは以前、名鉄特急ミュースカイに乗ったときの特急券です。
実際には使えませんが、電車好きのむねぴーにとっては
銀河鉄道999のパスに匹敵するアイテムです。

自分が何かを子供にさせたいときは罰ではなく
その先にある楽しいことを提示します。

さて、ほかにもいろいろ翻訳してみましょう。
お出かけ先から帰宅しようとした時にダダをこねたシーンでは
『早く来なさい』
      ↓
『お家へ帰ってプラレールで遊ぼう』

また自尊心をくすぐる方法も有効です。

着替えのシーンでは
『自分でお着替えして』
      ↓
『むねくん、ひとりで服着れるかな?』

とこんな感じである。
怒って言うことを聞かせようとすると自分もストレスがたまると思います。
子供が言うことを聴かなくて困っているお母さんはご参考に。

コメント

いいかたの力

 なるほど、ひとを動かすこつは子供にも生きるということですね。私には子供はおりませんが、おもしろいお話しをきかせていただきありがとうございます。

初めまして♪

あし@からお邪魔しました。

子育てにポリシーがあって好いですね
親としてはスクスクと元気に成長を願いながらも
子供に期待を持ってしまいがち・・・
マリンドルフさん夫婦の育児法 
今子育て中の方々にも見てもらえたらと思えるブログです【Q_Q】
(ァタシの子育てはとっくに終了?してますが・・・
 むねぴーちゃんのお誕生日と一緒なのでコメントしてしまいました【*^-^*】微笑)

応援凸ポチッ【*'-'*】

No title

お子さん可愛いですねー^^
うちも家の中で姪がちょろちょろしてます^^

応援しておきますーぽちっと(笑)

No title

忙しくストレスのたまる子育ての中で
こんな余裕を持てるお母さんがどれほどいることか・・・
アメ作戦は見習いたいけど、現実を考えるとまず無理ですよね^^;
お父さんや親戚などが子育てを積極的に、
いらんお世話やくことなく手伝ってくれたら余裕をもてるかもしれないですね~

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。