記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘、ただいま2083グラム

今日、ママが検診に行ってきました。
お腹の中の娘は順調に育っており
現在2083グラムです。

同じ時期、むねぴーは2500グラムだったので
それに比べると少し小柄です。
女の子だから小柄?いやむねぴーが大きいのか?

さて、検診とともにマタニティヨガがあったのですが
その先生が、むねぴー出産時の助産師さんでした。
むねぴーの出産はインパクトが強かったらしく
嫁のことも覚えていました。

さて、どんな風にインパクトがあったかというと
1)側臥位(横向き)出産だった
2)出産のとき、パパがママの足を抱えていた
です。

わたしもはっきりと覚えています。
出産の時、ママは横向きが楽だというので
横向きで出産することになったのですが、
足を支える器具がない!
あったかも知れないけど、助産師さんが
側臥位で固定する方法がわからなかった。

側臥位(横向き)は珍しいらしく、助産師さんが右往左往してました。
その結果、
『すいませんが、足もっててください』
というわけで、出産が終わるまで、ずっと足を抱えてました。
ε=(ノ`・ω・)ノ足

確か分娩室に入ったのが朝の7:00で、生まれたのが9:00。
そんでもって、足を抱えていたのは一時間くらいでしょうか。
石像にでもなったかのように、ピクリとも動かず、じっと足を持っていました。

出産に立ち会って思ったのですが
医師は出産の間はほとんど何もしない!
分娩室に入ってから、赤ちゃんが出てくるまで全部、助産師さんの仕事で、
先生がするのは、へその緒と胎盤の処置だけ。
想像していたのとはずいぶん違っていました。

『今回はパパに迷惑かけないようにします』と
助産師さんは言っていましたが、自分としては
『迷惑かけてもいいから、仲間にいれてくれ。』
といった心境です。
次も絶対立ち会うよ~。

コメント

No title

はじめまして(^^♪
ぴろなん☆彡といいます。
あし@からきました。

訪問ありがとうございました。

出産のシーン、懐かしいです。
もう2年前のことなので
とっても懐かしいです。

また遊びに来させてくださいね(^_-)-☆

No title

出産て、本当にそれぞれのドラマがありますよね。

確かに、ほとんど助産師さんが仕事をしていますよね。
2人目は助産院で出産し、私と助産師さんとダンナがタッグを組んで、”頑張った!”っていう感じでした。
ダンナには、台がわりになってもらったり、しがみつくサンドバック(?)がわりになってもらったり・・・
こうやって、父と母になるんだなぁ、と・・・

無事のご出産をお祈りいたします。

No title

ぁしとも受理ぁりがとぉぅ♪
ぜひ②可愛ぃぉ子様誕生にゎ
また足持って下さぃ。
またぉ邪魔します☆

お邪魔しました

心温まるブログ

感激です

いつまでも
ご家族皆様
お幸せに・・・

ポチッとして
帰ります

赤ちゃん、順調に成長していて良かったですね。次も立ち会えるといいですね。
確かに私も、陣痛が来ている時は横向きが一番落ち着きました。

私が出産した時は通常の状態でしましたが、息子の頭が少し見えた後から、なかなか出てこなくて、男性の先生が私のお腹に跨がって、何度もお腹を押して出すのを手伝ったぐらいです。

No title

すごい体験でしたね~
うちも立会いでした
いっしょにヒーヒーフーしたるねって余裕かましてたのに。
いざとなったら何もできずおろおろしていたパパだけおぼえています
後はひたすら痛かった・・・
奥さんもうちょっとですね、お大事に☆彡

No title

私も、出産は思い出があります。分娩台ではなく、保健室にあるパイプベッドみたいなベッドで生みました。
なんにしろ、元気に産まれて欲しいですね!!
応援してます!

No title

出産はドラマですよね~。

私も主人に立ち会ってもらっての出産でした^^

出産も夫婦の共同作業、という位置づけがもっともっと

世の中に定着するといいなあ。

応援ポチ♪

No title

家も立会いでした。
確かにパパは汗を拭く、水を飲ませる
うちわで扇ぐ意外は何もできないって言っていました。
パパさんはちゃんと足を支えていて大参加したんですね。
次回の出産も大いに参加してママさんと頑張ってください!
ぽち3。

ご訪問ありがとうございます

幸せ!幸せ!

ぽちぽちっと応援して帰りま~す!

ではまた!

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。