記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それは違うなぁ

今朝、朝食の時間にニュースを見ていると

どっかの公的な機関が少子高齢化対策として、

移民の受け入れを拡大を検討しているとか。

日本人の人口が少なくなるから移民を増やそうって

それは違うでしょう。

移民を奨励しても、根本的な少子化対策(出産・育児支援)をしないと

移民してきた人の子孫も少子化の道をたどることになる。

人口が少なくなるから、人を入れるというのは

ただの数字の数あわせだけで
少子化対策でもなんでもない。


政府のお役人は数あわせで満足しちゃうからなぁ。

移民は反対しないけど、それを少子化対策と銘打つのは

間違いでしょ。

もし、自分が法律を好きに作れるなら少子化対策として以下の法律をつくりたい。

1.主婦という職業をを公務員として、育児に給与を支給する。

2.保育園から大学までの費用を国庫負担にする。

1は机上の空論かもしれないが、2はスウェーデンが実施しているので

日本も見習って欲しい。2の実現のためなら消費税5%でもいいと思う。

でも日本は学級崩壊対策のほうが先でしょうか。


お詫び
今回の記事はいつものほのぼのとした記事
ではなく、愚痴の部類に入るかもしれません。
orz




コメント

No title

スウェーデンは消費税25%くらいかと。(>_<)
介護保険やら長寿医療やら作っちゃったから、
いまさらスウェーデン方式は無理なんでしょうねぇ。。。

しかし、少子高齢化対策で移民ですか。
根本的なところが違いますよねぇ。
保育所の待機児童が多すぎるのも問題だし、
少子化対策って難しいですよね。。。

No title

スウェーデンは国の手厚い制度がありますよね。税金高いけど。

少子化対策には「子供を産んで育てたい家族をつくろう」って夫婦で思える対策にしないと基本ダメでしょう。
女性が子供を産んでも社会にでれる制度と
養育費の補助金は必要だと私は思います。

No title

こんにちは。
私も安易な移民受け入れは反対ですね。国内の根本的な問題に目を向けずに、まさに「数合わせ」では本末転倒もいいところです。
何が一番の問題点なのかを、見極める眼力を上の人は持ってほしいものですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

私もマリンドルフさんの法律にさんせ~い!!
スウェーデンはすごい制度があるようですね。
日本ももうちょっと考えてほしいです・・・

冬服ムネピーかっこいい~
男の子らしくてイケテル~
ワンワンいつも一緒なのですね(^^)

コメントありがとうございます

咲子さま
いま消費税25%になったら家計崩壊です。
日本は問題山積みですね。

のっこさま
パパの育児参加も大切だと思います。
日本ってパパ=お仕事、ママ=育児という風潮が
消えませんよね。
一部の会社はパパの育児休暇制度があるところもありますが
職場環境がそれを許さないですよね。
あっても使えない~。

見張り員さま
そうですよね。問題の本質を見極めて欲しいです。
そして表面上でなく、根本から解決しないとダメですよね。

ぱおさま
ちょっとどころか、国政を司るひとにはよ~く考えて欲しいです。
ワンワンはいつでも、どこでもお風呂以外は一緒です。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。