記事一覧

iPhoneのアドレス帳をガラケーにインポートする

iPhoneの電話帳は以下の手順でガラケーにインポートすることができます。

自分はiPhone6からGRATINA G4に連絡先を登録しました。

1.電話帳をiCloudにバックアップを行う。

2.iCloudからVCFファイルをエクスポートする。
2-1) iCloudにログイン
https://www.icloud.com/

2-2) 連絡先をクリック
icloud2.jpg

2-3) 『Ctrl』キーを押しながら『A』キーを押して、連絡先を全部選択する。
2-4) 歯車のアイコンをクリックして『vCardを書き出す』を選択する。
icloud3b.jpg

2-5.ダウンロードフォルダに『iCloud vCards.vcf』というファイルが作成されます。

3.VCFファイルの文字コードをUTF-8がShift-SJISに変換する。
自分の場合はTerapadというテキストエディタを使っていますが、秀丸でもnotepadでもOKです。
以下はTeraPadの手順です。
3-1.『iCloud vCards.vcf』をTeraPadで開く。
3-2.『ファイル』→『文字コード/改行コードを指定保存』
TeraPad0.jpg

3-3.SHIFT-JISで保存する。
Terapad1.jpg

4.変換したファイルをメールに添付してガラケーに送信する。

5.メールの添付ファイルから電話帳にインポートする。
5-1.メールを受信する。
gratina (1)

5-2.添付ファイルを選択する。
gratina (2)

5-3.『表示』を選択する。
gratina (3)

5-4.『登録』を選択する。
gratina (4)

5-5.登録したい連絡先にチェックを入れる。全選択でもOK.
gratina (5)

5-5.『確定』を選択する。
gratina (6)

5-6.『はい』を選択する。
gratina (7)

これで添付したVCFファイルから連絡先が登録できます。
いくつかおかしなものがありましたが、それは手動で編集して
直しました。

Andoroid携帯の場合はGmailの連絡先からVCFファイルを
作成することができるので応用してください。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント